2012年12月22日

Google Mapsアプリのナビを使ってみて

やはり、検索が“使える”っていうのは便利です。
比較:京都駅の南側にできたイオンモール

試しに、名神高速道路の京都東インターチェンジから三千院までの経路を調べてみました。
Appleのマップでは、出発地点を「京都東インター」と入力したら、「ドトールコーヒーショップ モービル京都東インター店」となってしまいました。Appleのマップらしいでしょ?

Google Mapsは、経路に渋滞情報まで加味してくれます。

さらに、滋賀県経由の経路が提示されたのは意外でした。
遠回りな経路ですが、湖西道路や367号線はとても走りやすい道路で、京都市内が混んでいたら、確かにこっちのほうがはやいかもしれません。(湖西道路も通勤や事故等でババ混みの時もありますが……)
このケースでは、Google Mapsのほうがインテリジェントな提案をしてくれましたが、『酔いどれオヤジのブログwp』さんにあるように、必ずしもGoogle Mapsが正しいとも限りません。


さて、Google Mapsのナビで、実際に車を走らせてみて気がついとことです。
(実際には三千院ではなく、ホームセンターに行きました)

■即時にリルート
経路を外れても、勝手に、しかも素早くリルートしてくれます。
最初に設定したルートに強引に戻そうとすることもなく、わりと適切な経路を示してくれました。

■画面表示と音声案内とで違う進路を示すことも
いくら瞬時にリルートしてくれるとはいえ、これは知らない土地だったら焦ります。

■画面表示が乱れることも
このような感じで、一部、ラスタライズされる前のような縮尺が違う区間があり、データの更新が追いつかないのかな?と思ったら、何も修正されませんでした。

■バッテリーの消費は、1kmにつき1%くらい
もちろん、使用環境によります。

■渋滞情報もVICSより詳細で、情報も広範囲な気がします
少なくとも、私の車の純正ナビのVICSよりも頼りになります。

******

この差は、如何ともしがたいものがある……。
なにか、Googleに余裕すら感じてしまう。

個人的に、表示はAppleのマップのほうが好きなのですが、やはり実用面ではGoogle Mapsですか。
例え、Appleが地図の表記を正しても、たやすくGoogle Mapsを越えられそうにはありません。
そうだ!AppleもGoogle Maps SDK for iOSを使ってつくりなおせば……。



余談
最近気がついたのだけど、Appleのマップでは、京都の地図で大通り以外の通り名が表示されない!
これは、いけません。


Google Maps / カテゴリ:ナビゲーション / 価格:無料

2012年12月14日

2012年12月7日

YUBISAKI 〜タッチパネル対応ゆびサック〜

防寒具……では、ないですね。
導電性繊維でできた指サックです。
昨シーズン、ネットで見かけて記憶の片隅にあったのですが、先日、ヨドバシカメラで見かけて、パッケージに書いてあるように「意外に便利」なのでは?と思って買ってみました。

防寒具ではないのですが、冬に重宝するんじゃないでしょうか。
乾燥や手荒れ、指先がパックリ割れている時とかにハンドクリームをぬって、その手でiPhoneを操作する時、これがあれば画面が薬でベトベトになることもありません。
また、指先をケガした時とかにもいいかも。


iPhone/iPadでの反応はタッチパネル対応手袋より良好。
パワーサポートの保護フィルムを貼っていても軽いタッチで反応してくれます。

また、MacBookのトラックパッドも操作できます。
ただ、ちょっとシビアなところがあって、先端に少しでもたるみが出ると、反応しなかったりカーソルが飛んだり、うまく反応しなくなります。

サイズは、ゴツい男性の親指でも入りましたので、そんなに心配することないと思います。

ただ、1つ480円(ヨドバシカメラ)。
まあ、5本も必要ないにしても、2つくらいは欲しいかも。
と、思ってネットで見てみると、2個入りで580円となっていました。
およ?
どうやら、販売会社が違うようです。(上のリンク先は製造元の楽天サイト)


2012年12月1日

ブルーナのクリスマス絵本

Dick Bruna 『TEH CHRISTMAS BOOK
邦題『クリスマスってなあに

多くの日本人にとってクリスマスというと、街中にサンタがあふれ、ツリーを飾ってケーキを食べて、プレゼントを送ったりもらったりというようなイベントと化していて、イエスの生まれた(とする)日ということを意識することは少ないでしょう。
むしろ、イエスより“サンタの日”になっている感があります……。


この絵本は、福音書でおなじみのイエスの誕生の場面をブルーナさんが分かりやすく、かつ、可愛らしく描いていて、クリスマスってこういう日なんだよということを優しく教えてくれます。

まあ、可愛らしいがゆえに、笑えてもくるんですが。
Suddenly a bright light shone on them. It was an angel, …」と言って現れるのが、表紙のあの天使ですから。
さらに、「Then the sky was filled with angels, praising God.」で、ドーンと。
生まれたばかりのイエスは親指みたいだし……。


でも、クリスマスの夜にこの絵本を子供に読み聞かせてあげるのって、(大事とまでは言いませんが)素敵なことだ思います。


And that is the story of Christmas.