2017年4月21日

Apple Watchの文字盤を『写真』にしてみる

iPhoneにしろApple Watchにしろ、使っているうちに普段つかう機能が絞られてきて、それ以外の機能は、ほとんど触れる機会がなくなっていることはありませんか。

私も、Apple Watchの文字盤は『ユーティリティ』『モジュラー』『ミッキー』の3種類に固まってきて、それ以外は使うことがなくなりました。

そんな中、先日Instagramをながめていたら、ふとApple Watchの文字盤の『写真』を思い出し、改めて設定してみました。


同期させるアルバムは、iPhoneのApple Watch管理アプリの『写真』の項目で設定します。

すでにあるアルバムを同期させてもいいのですが、今回は、Apple Watchに合うような写真を選んで、専用のアルバムを作成して同期させました。



『写真』の文字盤には、“フォトアルバム”と“写真”の2種類があります。

・“フォトアルバム”は、手首をあげるか、画面をタップするたびに、同期したアルバムの写真がランダムに表示されます。

・“写真”は、同期したアルバムの中から写真1枚を固定して表示します。
表示する写真は、Apple Watch本体の文字盤のカスタマイズで、デジタルクラウンを使用して選択できます。


“フォトアルバム”は、腕をあげるたびに違う写真が表示されて、これが思いのほか楽しいです。

これ、例えば“大所帯”アイドルグループのメンバーの写真を一人ひとり入れておけば、腕を上げるたびに違うメンバーが表示されて、きっと楽しいですよ。

また、単語帳みたいに使ってもいいかも。(確か、そんなようなアプリがあったような……)


この『写真』の文字盤の欠点は、コンプリケーションが少ないことと、時間を確認しようと腕を上げたのに「今回はこの写真か」と写真に目がいってしまい、肝心の時間を確認することを忘れがちになることです。

2017年4月1日

ブログを分割

ブログを分割し、iPhoneで望遠撮影(デジスコ)を独立させることにしました。

『i.S.O.(アイ・エス・オー)/ iPhone Telephotography 〜iPhoneで望遠撮影〜』


iPhone 7 Plusでデジスコをするための工程をこのブログで書こうとしていたのですが、Apple関連にはあまりにもどうでもいいようなことになってしまうので、これは申し訳ないと思い分割することにしました。

そんな「どうでもいいこと」なら、書かなければいいじゃないかというものですが、それでも、世の中に同じようなことをしようと考えている人がいたなら、私の実践した工程や失敗談は、少しは参考になるのではないかと思うのです。


これを機に、プロフィールアイコンも変えました。
これまで何度か変えようと考えたこともあったのですが、プレイスホルダー的に使っていたチー坊(の後ろ姿)があまりにもスキがないため、これを超えられずに変えることができなかったのです。

ちなみに、チチヤスのクラシックは本当に毎日食べています。一度これを食べたら、他のヨーグルトを食べる気がなくなりました。
http://chichiyasu.com/products/yogurt/natural_001.html
原材料が、乳、砂糖、乳製品/香料のみ。凝固剤なし!


新しいアイコンも、到底チー坊にはかないませんが、この機会を逃すと、また変えられなくなると思い変えることにしました。

このアイコンは、3Dプリントで作成したパーツに、ひっそりと(表には見えないように)つけているマークなのです。

2017年2月20日

Bluetoothゲームコントローラー SteelSeries NIMBUS

X-Plane 10 Flight Simulator - Laminar Research』のために、Bluetoothゲームコントローラー SteelSeries NIMBUS を買いました。

パッケージにもこだわっている製品は、開封する時からワクワクします。
この緩衝材が、後々、ちょうどいいことが判明する。


このコントローラーの特徴は、アップル製品のためのモデルで、iPhone、iPad、Apple TV、Macに対応していて(もちろんiPod touchにも)、Lightningケーブルで充電できる!ことです。


専用のユーティリティアプリがあります。(インストールしなくても使用できます)
SteelSeries Nimbus Companion App - SteelSeries ApS



このコントローラーが対応しているゲームの紹介・検索や、ファームウェアのアップデート、操作マニュアルを見ることができます。


で、“ゲームコントローラー”としての使用感をレビューしなければならないのでしょうが……
すみません、適当なゲームを持ち合わせていません。


ということで、冒頭に書いた通り、『X-Plane 10 Mobile』におけるBluetoothゲームコントローラーとして見ていきます。



ゲームコントローラーのサポート自体は、バージョン10.2の時点で追加せれていましたが、バージョン10.4で一部機種のコクピットビューでスイッチ類が操作できるようになったので、Bluetoothゲームコントローラーを使えば飛行しながらスイッチ類の操作もやりやすいかな、と思ったのです。

主な操作は、
・左スティック:ピッチ/ロール
・右スティック:スロットル/ラダー
・Aボタン:ビューモードの切り替え
・Bボタン:ブレーキ(離陸時はBボタンを押せばブレーキがリリースされまが、着陸時は、画面上のアイコンのブレーキボタンとは違い、Bボタンを押している間だけブレーキがかかります。パーキングブレーキは『L1』ボタンを押しながらBボタン)
・Xボタン:オートパイロットメニューの呼び出し(閉じるときはBボタン)
・Yボタン:ランディングギア

・L1押しながらXボタン:フラップ・アップ
・L1押しながらAボタン:フラップ・ダウン
・L1押しながらYボタン:スピードブレーキ

・十字ボタンはメニュー操作に使用します。(メニュー操作時はAボタンで決定)
詳しいキーアサインはWebのマニュアルを参照。

コントローラーに接続されると、端末を傾けての操作は無効になります。


個人的には、すべての操作をコントローラーだけでやるより、画面のアイコンボタンと組み合わせたほうが操作しやすい、というか自然な感じで操作できました。
そのためには、コントローラーを手に持ちながら操作するのではなく、固定しなければなりません。
そこでちょうど良かったのが、パッケージの干渉材。
L1、R1ボタンが押しにくくなりますが、画面の操作と組み合わせれば、そう困ることもありません。

そして、写真の左スティックについているピンク色の物体は、単三乾電池を単二乾電池にするためのアダプター。
これが、内側をちょっと削ると、ピッタリはまりました。

なぜこんなことをするかというと、左スティックはピッチ/ロールの操作ですが、微妙なコントロールが必要ですし、一定の姿勢(迎え角)を保持していなければならないことが多いので(「トリムで操縦しない」という教えもありますしw)、そのままのスティックだと、あんがい親指が疲れてくるのです。
それに、何より雰囲気が出ますし!
(激しく動かすと取れますが)


端末を傾けての操作に慣れていると、はじめのうちはコントローラーでのピッチ/ロールの操作に戸惑うかもしれません。
でも今では、コントローラーを使ったほうが、フライトシミュレータらしくて楽しいです。
まだ、着陸時に、スロットルとピッチとを間違えることがありますが……。(スラストリバーザーをかけようと思って、ピッチアップしてしまうとか)


【追記】
3Dプリントでつくった!


ミッフィーちゃんの線

先日、ミッフィーちゃんの生みの親、ディック・ブルーナさんがお亡くなりになりました。
(2017年2月16日、オランダのユトレヒトで死去、89歳、とのことです)

日本でもミッフィーちゃんは大人気で、絵本だけでなく、さまざまな商品で、キティちゃんのように、いろいろな姿になったりして使われています。

キティちゃんもミッフィーちゃんも、どちらも同じように、シンプルな線と色で構成されていて、いかにもIllustratorのようなベクター系ソフトウェアで描かれたように見えますが、昔、テレビでブルーナさんが実際にミッフィーちゃんを描いている姿を見て衝撃を受けました。

あのシンプルな線を、手描きで描いていたのです。
筆で、ゆっくり、ゆっくりと、丁寧に……
それは“線を引く”というのではなく、“線を描く”といったほうがいいでしょう。

その姿は今回の訃報のニュースでも一部取り上げられていましたが、あのシンプルな線一本一本、いえ、その線一本を描く筆使いの動作のすべてに、絵本を見る子供たちへの想いがこもっているんだと感じました。


そんなブルーナさんの想いがこもったミッフィーちゃんですから、この先もずっと愛され続けていきます。

いつまでも、いつまでも……。

2017年2月19日

iPad Pro(12.9インチ)のためのスタンド

これは、初代iPadから使っていたスタンドです。
機構的には何も問題ないのですが、表面を覆っているゴムが加水分解を起こしてしまい、ベトベトになってしまいました。

ということで、買い換えようと思ったのですが、同じスタンドは、もう販売されていませんし、他にもiPad(タブレット)用スタンドというのは意外に種類が少なく、なかなか思ったようなものが見つかりません。

そんな中で、Apple Storeに良さそうなものがありました。

Twelve South Compass 2 iPad stand
まず、このパッケージを見て唸らさられました。
高級感とまではいきませんが、開封してみて、いいものを買ったという印象を与えられるパッケージです。
パッケージを、ただの緩衝材としか考えていないようなメーカーが残念に思えてきます。


スタンド本体の材質はスチール製でずっしりとした重さがあり、スタンドとしての安定性を高めています。

角度は2パターン。細かい調節はできません。
・通常仕様のイーゼルモード。

・中央部分のショートレッグを起こして、タイピングスタンドモードに。


iPadが当たる部分には、ゴムが貼ってあり、iPadに傷がつくことはありません。


iPadをスタンドに乗せたままでも、純正lighteningケーブルが(なんとか)使用可能。


が、しかし!

このスタンドは、12.9インチのiPad Proには小さかった!
乗せることはできますが、非常に不安定です。
ちょっとした振動で、倒れてしまいそう。

確かに、Apple Storeの『互換性』の欄にも12.9インチのiPad Proの記載がありません。
それでも、スタンドの形状的に、多少不安定でも使えるだろうと軽く見ていましたが、失敗しました。


とはいえ、5,000円もしたので、気をつけながら使っていきます。
Amazonで探してみても、他にコレといったスタンドもありませんし。

横向きに乗せれば、使えないこともないし、後ろ脚をちょっと底上げしたら、少しは安定しました。