2017年6月11日

iPhoneでホタルを撮影

*フラッシュの使用は、まわりで鑑賞・観察、撮影している人の迷惑になります。
ホタルの撮影時には、フラッシュがオフになっていることを確認してください。

●機材
私は、このようにして撮影しています。
・三脚、iPhoneを三脚に固定するための三脚ホルダー。
・レリーズ。イヤフォンのリモコンで構いません。音量ボタンでシャッターが切れます。私は100円ショップのものを使っています。これ、使いやすいです。
・遮光フード。一応、周りへの配慮を。


●アプリ
※以下、iPhone 7 Plus/iOS 10.3.2で撮影しています。

ホタルの光は弱く小さいので、標準カメラでは“点”になってしまいます。
加えて、暗いところでは、なかなかフォーカスを合わせてくれません。

私は、光跡が写せるアプリで撮影しています。
いくつか種類があるのですが、最近は『NightCapカメラ』(バージョン9.0.0)というアプリを使っています。



同じ場所を標準カメラと『NightCapカメラ』とで撮り比べてみました。
このように、NightCapカメラでは、光跡だけでなく暗い場所も標準カメラより明るく写せます。


●NightCapカメラの設定
・このフラッシュのボタンは、タップすると常時点灯になるので気をつけてください!

・アプリ設定
今回はこのような設定で撮影しました。
周囲に街灯があって比較的明るかったこともあり、iPhone 7 Plusでは明るさのスライダーを上げたり、『ISOブースター』を使うこともありませんでした。

『ISOブースター』は、ISO感度を『低』で2倍、『高』で4倍に引き上げます。
下の写真は、ISOブースター『高』で撮影しました。iPhone 7 Plusでは、ISO感度の最高が1600のようで、この写真ではISOが6400になりました。
もっと暗い場所や機種によっては、明るさのスライダーを上げてもいいのかもしれませんが、明るさを上げるとノイズが目立つ→ノイズを低減するためにノイズ側のスライダーを上げる→そうするとディティールが潰れる……となりますので、よくよく調整してください。

ノイズ低減のディティール比較

・撮影モード
色々な撮影モードがありますが、ホタルは光跡モードで撮影します。

・ロック
上からフォーカス、露出、ホワイトバランスのロック
緑色のドットがロックされていることを表します。光跡モードで撮影中は、自動でフォーカスがロックされます。
よく分からなければ、特に手動でロックする必要はありません。(上のスクリーンショットでは露出をロックしていますが、実際の撮影時にはロックしませんでした)


その他、画面をなぞって露出、ホワイトバランス、フォーカス、ISOを調整できる操作などがありますが、さらに詳しい使い方はチュートリアルを参照してください(英語)。


●撮影
光跡モードでは、一度シャッターを切ると、もう一度シャッターを切るまで撮影が続きます。
撮影中は、光跡がどのように写っているかをライブで表示してくれるので、どんなふうに写真が撮れているのか把握できます。

いわゆるバルブ撮影のようですが、一般的なカメラのバルブ撮影と違い、露光時間を増やしても、より明るく撮影できるというわけではなく、画面に変化がある部分だけが書き加えられていきます。


フォーカスも暗い環境のわりには素早く合わせてくれますし、立て続けに撮影を繰り返しても反応が遅れて、もたつくようなことはありませんでした。




iPhone 7 Plusでは、デュアルカメラに対応していて、広角/望遠を切り替えられます。
ただ、望遠カメラは、暗いところはちょっと苦手だし……と、思ったのですが、悪くないです。


遮光フードの型紙を載せておきます。参考にしてください。
クリックで実寸表示されます。
一応、一般的なケースをつけた状態のサイズにしてあります。黒色のケント紙(#200を想定)などで作ってください。
6,6s/7は実機がないので、サイズの確認ができていません。

・6,6s/7 Plus(B4用紙大)

・6,6s/7(A4用紙大)



iPhone 6 / 7 Plus系でも縦横の回転ができる三脚ホルダー

0 件のコメント:

コメントを投稿