2017年10月20日

iPhone X 〜アイコンとしての凹〜

iPhone Xは、正式に発表される前に、ほとんどと言っていいくらいの情報がリークされてしまいました。
その中の一つに、HomePodのファームウェアから見つかったとされる、iPhone Xを表したアイコンがありました。
これが、はじめて目にしたiPhone Xの前面の姿だったと思います。

そして、実際に発表されたiPhone Xは、その通りの姿でした。


しかし、この上部が凹んでいる画面が好きではないという人もいて、かつて、アップル日本法人代表取締役を務めていた前刀禎明氏も、日経トレンディネットアップル本社元副社長が感じる 「iPhone X」の寂しさ』の記事の中で次のように語っています。

「全面ディスプレーをうたうわりに、上部にはカメラやセンサーを収めた部分の切り欠きがあります。これがデザインとして良くない。画面の表示が、そこだけ凹んだように欠けるのも嫌ですね。」
「これなら 全面ディスプレーにこだわらず、上部だけ細いフチを作ってもよかったし、……」


見た目の好みは人それぞれでいいのですが、私はこの新型iPhoneとされるアイコンを見てうならされました。

iPhoneが世に出て10年、身の回りでは、四角(角丸)に丸で“スマートフォン”を表していることが老若男女、誰からも認知されるようになりました。

iPhone Xは、次の10年を見据えたモデルだと言います。
これまでの10年は、ホームボタンがiPhoneのアイコニックな象徴でした。
これからの10年は、凹がiPhoneのアイコニックな象徴になるのでしょう。

もしこれが、全面スクリーンだったらどうでしょうか?

上部に細いフチだけだったらどうでしょうか?

これらが端末を象徴づけるような姿になるでしょうか?

ですから、あのHomePodの“新型iPhone”のアイコンを見た時、最小限の処理で、それとわかる個性を表現しているのに、さすがだと思ったのです。


これからの10年、低価格帯のAndroid機もフルスクーン化されていくことでしょう。そうなると、私たちの身の回りにあるスマートフォンを表すピクトグラムはどうなっていくのでしょうか……。

案外、ホームボタンのまま変わらないかも。

未だに、コレ☎️が使われているくらいだから。



2017年10月10日

Apple Storeが京都にできるって⁉︎

正式には『Apple 京都』とか表記するんでしょうけど、まだまだ「Apple Store」と言ったほうが世間の通りがいいので。


Macお宝鑑定団さんが『Apple 京都、2019年1月完成予定の京都経済センター内にオープン?』と伝えました。

現在、建設中の京都経済センター(仮称)内のテナントに入るもよう、とのことです。

Apple Store 心斎橋がオープンしたのは、2004年8月28日ですか。
アップルの日本で2番目となる直営店が今週土曜日大阪にオープン

その昔(という表現が適切なくらいの年月が経ちましたね……)、関西で心斎橋の次はどこにApple Storeができるだろうか、という話がよく上がりました。

個人的には京都にできてくれればありがたいけど、やっぱり商圏としては神戸のほうが大きいし、いや、大阪にもう一店、梅田あたりにできるんじゃないかとか、もし京都なら北山あたりかな(当時の話ね)……とか話していましたが、日本でのApple Storeの出店の動きは年々鈍っていき、さらには札幌の閉店もあり、もう日本には新しいストアはできないんじゃないかと諦めかけていました。

ましてや、関西に新たにできるなんて考えることもしなくなっていました。

そこにきての、今回の動きです。驚きました。
まさか、京都にApple Storeができるとは!(正式な発表はないので確定した話とは言い切れませんが)


さて、『Apple 京都』が入るとみられている京都経済センター(仮称)ですが、場所はこちら。
まさに“四条烏丸”です。四条室町ですが、“四条烏丸”でいいです。
京都の中心市街地としては、広い土地です。
Appleのことですから、四条通り側に店舗を構えるのでしょう。
(こちらのPDFから抜粋)

交通の便は非常にいいです。
JRからは京都駅で地下鉄に乗り換え、四条駅を降りてすぐ。
阪急からは烏丸駅を降りてすぐ。
京阪からは……四条通りをApple Storeまでワクワクしながら歩いてきてください。


オープンは2019年4月頃になると予想されるとのことです。
あと1年半くらい。
工事の進捗のようすを、随時更新(予定)しながら待ちたいと思います。
・10月4日撮影

2017年9月6日

ダイソー スマホクリーナー

すごい!18枚、個包装!
どうりで、パッケージが大きいわけだ。
まあ、個包装だということはパッケージに書いてあったんですけど、箱を開けるまで、そんなこと気にもとめていなかったのでびっくりしました。
改めて、100円ショップ侮るなかれ。

ウェットティッシュって、アルミ包装のポケットサイズのものも、大容量のボトルタイプのものも、時間が経つと水分が蒸発してカラカラになってしまうことがありますよね。

でも、これなら、そんな心配もいりません。
ひと箱としては大きいですが、1日に使う分だけ持ち歩けば、まったく邪魔になりませんし。(個人差もあるでしょうが……)


で、実際に使ってみようと、個包装を開封すると……あ、うんんん……そうか。
ウェットティッシュって、たいていは不織布ですが、これは“紙”です。
しかも、“ちり紙”のような、ちょっと固めな紙質です。
これでスマホのガラス面が傷つくとは思いませんが、優しくはなさそう。

ただ、クリーナーとしては問題ありません。
指紋、油脂もキレイに拭き取れますし、1枚でiPhone Plus系2台、iPad Pro(12.9インチ)、おまけのApple Watchも拭けました。(サイズは、約15 x 10cm)

開封して5分ほどで、ほぼ水分が飛んでしまいました。(気温28度/湿度60%くらい)
パッケージには「乾いても使える」とありますが、乾くとただの紙です。
この真意は、乾かしてから拭き跡を拭き取るということのようです。



普段使っているエレコムの液晶クリーナー
先述の理由から、使い切りの15枚入りをいつも使っています。

2017年6月15日

AirPodsのアクセサリーをつくる


いちいち外さないとケースにしまえないとか、少し頭を動かすだけで耳元でゴソゴソ音がして鬱陶しいとか、重くなって落ちやすくなるとか、そんなことは知ったことではありません。
(実際には、意外に落ちない)


こちらのチャームは使い回し


AirPodsに取り付ける部分は3層構造。
ビニールチューブ(今回はシリコンチューブを使用)は内径6mmのものがちょうどいいです。そうすると、外形が8mmになってしまいます。
6mmでも太いのに、8mmともなると、ちょうどいいカシメを見つけることができませんでした。
なので、東急ハンズに4mmのカシメがあったので、それを広げて、その上にニッケルメッキの紐止め(これもハンズで購入)をかぶせました。
結果、かなりゴツくなってしまいました。本当は、もっとシンプルでスリムにしたのだけど、取り急ぎ、こんなところで。


今回も使用したパーツは貴和製作所。(※鳥のチャームは違います)


【追記】
ビニールチューブより、こっちのほうが肉厚が薄いだろうと思って買ってみたのですが、変わりませんでした(泣)。

2017年6月11日

iPhoneでホタルを撮影

*フラッシュの使用は、まわりで鑑賞・観察、撮影している人の迷惑になります。
ホタルの撮影時には、フラッシュがオフになっていることを確認してください。

●機材
私は、このようにして撮影しています。
・三脚、iPhoneを三脚に固定するための三脚ホルダー。
・レリーズ。イヤフォンのリモコンで構いません。音量ボタンでシャッターが切れます。私は100円ショップのものを使っています。これ、使いやすいです。
・遮光フード。一応、周りへの配慮を。


●アプリ
※以下、iPhone 7 Plus/iOS 10.3.2で撮影しています。

ホタルの光は弱く小さいので、標準カメラでは“点”になってしまいます。
加えて、暗いところでは、なかなかフォーカスを合わせてくれません。

私は、光跡が写せるアプリで撮影しています。
いくつか種類があるのですが、最近は『NightCapカメラ』(バージョン9.0.0)というアプリを使っています。



同じ場所を標準カメラと『NightCapカメラ』とで撮り比べてみました。
このように、NightCapカメラでは、光跡だけでなく暗い場所も標準カメラより明るく写せます。


●NightCapカメラの設定
・このフラッシュのボタンは、タップすると常時点灯になるので気をつけてください!

・アプリ設定
今回はこのような設定で撮影しました。
周囲に街灯があって比較的明るかったこともあり、iPhone 7 Plusでは明るさのスライダーを上げたり、『ISOブースター』を使うこともありませんでした。

『ISOブースター』は、ISO感度を『低』で2倍、『高』で4倍に引き上げます。
下の写真は、ISOブースター『高』で撮影しました。iPhone 7 Plusでは、ISO感度の最高が1600のようで、この写真ではISOが6400になりました。
もっと暗い場所や機種によっては、明るさのスライダーを上げてもいいのかもしれませんが、明るさを上げるとノイズが目立つ→ノイズを低減するためにノイズ側のスライダーを上げる→そうするとディティールが潰れる……となりますので、よくよく調整してください。

ノイズ低減のディティール比較

・撮影モード
色々な撮影モードがありますが、ホタルは光跡モードで撮影します。

・ロック
上からフォーカス、露出、ホワイトバランスのロック
緑色のドットがロックされていることを表します。光跡モードで撮影中は、自動でフォーカスがロックされます。
よく分からなければ、特に手動でロックする必要はありません。(上のスクリーンショットでは露出をロックしていますが、実際の撮影時にはロックしませんでした)


その他、画面をなぞって露出、ホワイトバランス、フォーカス、ISOを調整できる操作などがありますが、さらに詳しい使い方はチュートリアルを参照してください(英語)。


●撮影
光跡モードでは、一度シャッターを切ると、もう一度シャッターを切るまで撮影が続きます。
撮影中は、光跡がどのように写っているかをライブで表示してくれるので、どんなふうに写真が撮れているのか把握できます。

いわゆるバルブ撮影のようですが、一般的なカメラのバルブ撮影と違い、露光時間を増やしても、より明るく撮影できるというわけではなく、画面に変化がある部分だけが書き加えられていきます。


フォーカスも暗い環境のわりには素早く合わせてくれますし、立て続けに撮影を繰り返しても反応が遅れて、もたつくようなことはありませんでした。




iPhone 7 Plusでは、デュアルカメラに対応していて、広角/望遠を切り替えられます。
ただ、望遠カメラは、暗いところはちょっと苦手だし……と、思ったのですが、悪くないです。


遮光フードの型紙を載せておきます。参考にしてください。
クリックで実寸表示されます。
一応、一般的なケースをつけた状態のサイズにしてあります。黒色のケント紙(#200を想定)などで作ってください。
6,6s/7は実機がないので、サイズの確認ができていません。

・6,6s/7 Plus(B4用紙大)

・6,6s/7(A4用紙大)



iPhone 6 / 7 Plus系でも縦横の回転ができる三脚ホルダー

2017年5月12日

iPhoneで動画撮影用の外部マイクがほしくて……

iPhoneで野鳥の動画を撮影する際、木の上にいる鳥の鳴き声を、もっとはっきりと録音したくて単一指向性のマイクを買ってみました。

audio-technica AT9913iS
(製品サイト:https://www.audio-technica.co.jp/atj/show_model.php?modelId=971

●特徴
・超指向性のガンマイク

・電池のいらないプラグインパワー方式(iPhoneのイヤフォンジャックから給電)

・イヤフォンジャックに差し込むだけの簡単接続で、特別なアプリも必要としません。
(写真はiPhone 6 Plusに接続したところ)
イヤフォンジャック接続ということで、モノラル録音です。
*4極プラグにはCTIA(Cellular Telephone Industry Association)とOMTP(Open Mobile Terminal Platform)の2種類があり、この製品はCTIAですので、OMTPのスマートフォンには基本的には使えません。

・マイク本体にイヤフォンジャックがありますが、録音している音をモニターするものではなく、マイクで塞がったイヤフォンジャックの代わりに使えますよ、というものです。
パッケージにも「録音しながら同時モニタリングはできません」と注意書きしてあります。
で、す、が……後述します。


●では、試してみましょう。
と、その前に……
イヤフォンジャックに接続ということは……iPhone 7 Plusではこうなりますわな。

そこで、クリップで固定しました。
固定が良くないのか、たまに「ギッギッ」というノイズが入ります。マイク本体には挟まないほうがいいです。もっといい固定方法を考えなければ。

以下は、すべてiPhone 7 Plusで撮影、録画。


・動画撮影
シジュウカラの鳴き声を撮ってみました。(音の確認はイヤフォンで聴いてください)
なるほど、内蔵マイクが周囲の音も均等に拾っているのに対して、このマイクは周囲の音が抑えられて、シジュウカラの鳴き声にフォーカスされています。
ただ、内蔵マイクより音量が小さく感じます。


ボイスメモとGarageBandでも試してみました。
・ボイスメモ
動画と同じ感じでした。(……なので省略)


・GarageBand
GarageBandでは、録音時にレベル調整ができます。
小さな音でも、あるていど大きな音で録音できます。

録音時のレベル調整だけでなく、録音後にゲインを上げることができますし、トラックごとに音量を調整できます。

そして、GarageBandは録音時のモニターができるのです!
マイクのイヤフォンジャックにイヤフォン/ヘッドフォンをさせば、録音している音をモニターできますし、エフェクトもリアルタイムで確認できます。

iPadで、AppleのWEBサイトをVoiceOverで読み上げさせているところを、2mほど離れた場所から録音してみました。(音の確認はイヤフォンで聴いてください)


**********
これは楽しい!
ビデオ撮影用に買ったマイクですが、思った以上にGarageBandでの録音が楽しい!
写真、動画、それに“音”と、iPhoneで記録する楽しみが一つ増えました。



2017年4月30日

iPhone 7 Plusのための三脚ホルダー

iPhone 5を使っていた頃は、三脚ホルダーをいくつか試していたのですが、その中で、iPhone 6 Plusでも使えたのは『Bluevision』の三脚ホルダーくらいでした。
しかし、これを小型三脚と組み合わせて使うと、バランスが悪いです。(上の写真。別に真ん中で挟んでもいいんですけど、ちょっとジャマなんです)


スマートフォン向け三脚ホルダーで、私が求める機能は「雲台に頼らずに縦横の回転ができること」です。
iPhone 6 Plus用で、これができる三脚ホルダーが当時はなかったことと、iPhone 6 Plusで光学式手ぶれ補正機能が搭載されたこともあり、iPhoneで三脚を使う機会が大幅に減りました。

それは、iPhone 7 Plusの現在でも変わらないのですが、先日、双眼鏡を三脚に固定して使う機会があり、ふと、この双眼鏡用三脚アダプターの、双眼鏡に取りつけるネジが1/4インチであることに気がつきました。

と、いうことは、これとあれとを組み合わせれば……

できた!
回転!

このiPhoneを挟むホルダー部分、iPhone 3Gの頃に買った代物です。
これと同じようなホルダーを持っている人は多いかもしれませんが、双眼鏡用三脚アダプターを持っている人なんて、そうそういないでしょう。
そんな場合は、L字ステーで代用できます。
長辺が10cmくらいの大きさで、穴がM6(6mm)のネジが入るもの。
これに、エツミのカメラネジで固定すれば同じものができます。
(雲台取り付け側も、カメラネジでいいのですが、手持ちが1個しかなかったのでナットで代用)



と、あれこれ考えていたら、今はAmazonにも「まさにコレ!」っていうのが売ってるのね。
しかも、1000円もしない!(値段に幅があるけど、同じもの?)


2017年4月21日

Apple Watchの文字盤を『写真』にしてみる

iPhoneにしろApple Watchにしろ、使っているうちに普段つかう機能が絞られてきて、それ以外の機能は、ほとんど触れる機会がなくなっていることはありませんか。

私も、Apple Watchの文字盤は『ユーティリティ』『モジュラー』『ミッキー』の3種類に固まってきて、それ以外は使うことがなくなりました。

そんな中、先日Instagramをながめていたら、ふとApple Watchの文字盤の『写真』を思い出し、改めて設定してみました。


同期させるアルバムは、iPhoneのApple Watch管理アプリの『写真』の項目で設定します。

すでにあるアルバムを同期させてもいいのですが、今回は、Apple Watchに合うような写真を選んで、専用のアルバムを作成して同期させました。



『写真』の文字盤には、“フォトアルバム”と“写真”の2種類があります。

・“フォトアルバム”は、手首をあげるか、画面をタップするたびに、同期したアルバムの写真がランダムに表示されます。

・“写真”は、同期したアルバムの中から写真1枚を固定して表示します。
表示する写真は、Apple Watch本体の文字盤のカスタマイズで、デジタルクラウンを使用して選択できます。


“フォトアルバム”は、腕をあげるたびに違う写真が表示されて、これが思いのほか楽しいです。

これ、例えば“大所帯”アイドルグループのメンバーの写真を一人ひとり入れておけば、腕を上げるたびに違うメンバーが表示されて、きっと楽しいですよ。

また、単語帳みたいに使ってもいいかも。(確か、そんなようなアプリがあったような……)


この『写真』の文字盤の欠点は、コンプリケーションが少ないことと、時間を確認しようと腕を上げたのに「今回はこの写真か」と写真に目がいってしまい、肝心の時間を確認することを忘れがちになることです。