2014年11月30日

デジスコを手持ちで撮る!〜カメラホルダー〜

野鳥の撮影装備は概ね確立しましたが、それをそのまま飛行機の撮影に使っても、なかなかうまくいきませんでした。
三脚では飛行機のスピードについていけず、フレームアウト続出、見失ってしまうことが多っかたのです。

そこで、思い切って、手持ちで撮影してみることにしました。
とはいえ、フィールドスコープというものは、手で持って、しかも写真を撮影するようには造られていません。
クソ重たい上に、手持ちするには重量バランスも良くないです。
一眼レフのように両手と額の三点で支えるようなこともできませんので、カメラホルダー/ショルダーブレース(ストックと言ったほうが分かりやすい向きもあるかも)をつけてみることにしました。
U.Nとかが製品を出していますが、まだ有効性が確認できないので、試しに、あり合わせのもので作ってみました。
なにか、誤解を受けそうな格好になってきた……。(小型三脚は撮影のための支え)

ところで、「クソ重たい」とは言っても、フィールドスコープ本体、iPhone、照準器、今回のホルダー等を含めての総重量は約2.5kg、対して一眼レフは、328のレンズをつけても3kg前後。
なのに、待った感じではフィールドスコープの方が重く感じます。
重量バランス、マスの集中、持ちやすい形状……いろんな要素があるんでしょうね。


・撮影してみました。
ついていけます。
とりあえず、フレームアウトして見失うことはなくなりました。
今まで運に任せるしかなかった、一番距離が近くなる地点での撮影も、狙って撮れるようになりました。(依然、成功率は低いですが)
ピントは、コンマ何秒か合わせられる余裕はできましたが(完璧に合わせられるわけではない)、CMOSセンサーの歪みは、相変わらず発生します。

肩に当ててのホールドはいい感じだったのですが、重くて重くて、一日中撮影していたらヒジが痛くなってきて、15:00以降はブレまくりでフレームアウト頻発でした。
重量バランスを考える必要があるようです。


・そこで、重量バランスを取れるようにとエツミ ストレートブラケット(http://www.etsumi.co.jp/html/products/detail.php?product_id=1720)と、しっかり握れるようにLPL デジタルカメラグリップ(http://www.lpl-web.co.jp/products/stand_cg100.html)を導入。
重量バランスも取れて、まあまあ良好。ヒジが痛くなるようなことはありませんでした。
ただ、ブラケットの剛性が足りなません。ペナペナします。
また、グリップの剛性も足りません。モナカ(貼り合わせ)構造のため、フィールドスコープほどの重さのものを支えようと握っているとキシミが出ます。
もっとも、どちらも、こんな重いものは規格外なのでしょうが。

ピントと歪みは技量を向上させなければなりませんが、フレームアウトして見失うことはなくなりました。三脚よりは撮りやすいです。疲れるけど。


・そこで、U.N カメラホルダー DX-IIを買いました。
U.N カメラホルダー DX-IIの詳細は、こちら(http://manshuinmichi.blogspot.jp/2014/11/un-dx-ii.html)を参照してください。モノはいいです。
これで、だいたいパーツは固まってきましたが、全体的に一体感がありません。
フィールドスコープが重すぎて、撮影しているとブラケットやらグリップのネジが緩んできます。
あと、iPhoneの画面と目の距離が近すぎると、ピントが確認しにくかったりしたので、画面と目との距離の、ベストな位置を探らなければなりません。

もう少し、いろいろと微調整が必要です。


・何を撮っているのやら……

スコープホルダーを3Dプリントで造りました。




U.N カメラホルダーDX-II

製品は思った以上によかったのですが、メーカーのサイト(http://www.un-ltd.co.jp/products/camera/holder/index.html#5752)ですらロクに紹介されていないので、詳しい写真を載せておきます。

・パッケージ

・寸法(実測です。クリックで拡大)

・アームの角度調節は、円型歯車で噛み合うようになっているので、確実に固定できます。また、そのため、角度の調節は、15度間隔になります。

・肩あては、全体がゴム製で、本体とはボールジョイントで取り付けられており、カメラを支えつつ、なおかつ、フレキシブルに動かすことができます。

・カメラ台は、左右に調整の幅があります。
そして、これが嬉しかった!アームの上面、下面に、1/4インチのネジ穴があります。グリップを取り付けたりと、いろいろ応用できます。


さすがに、フィールドスコープほどの重量になると、カメラ台の保持力が十分ではありませんが、アームの剛性自体は非常に高いです。



2014年11月28日

iPhone 6 Plus 手作りストラップとPLUGGY LOCK

iPhone 6 Plus用に、ハンドストラップをつくりました。


三通りの留め方を作ってみました。左から順に、レバーカン、ヒモ留め、カシメ。
レバーカンは、見栄えはいいのですが、金具がiPhoneに当たりやすいです。
ヒモ留めは、簡単に作れるのですが、どうも強度に不安があります。
ということで、カシメで作ったものを使うことにしました。

パーツはこちら:貴和製作所 http://www.kiwaseisakujo.jp/shop/default.aspx


ところで、このストラップをiPhone 6 Plusのどこにつけるか?
iPhone 5シリーズなら、上の写真のように、イヤフォンジャックキャップをそのままイヤフォンジャックに刺しても、けっこう持ちこたえてくれます。
しかし、6 Plusでは、ぶら下げただけでは抜けませんが、少しの衝撃で抜け落ちてしまいます。

そこで、PLUGGY LOCK(http://www.pluggylock.com)。
日本では、AppBankで売っています。
・Pluggy Lock ブラック http://www.appbankstore.jp/products/detail.php?product_id=16761
(実店舗では、クロムとゴールドも売っていました)

詳しくは、AppBankのレビューを見ていただくとして、簡単に説明すると、PLUGGY LOCKをイヤフォンジャックに刺して、ネジのように回すことによって、ゴムの部分がイヤフォンジャック内部で膨らみ、抜けるのを防ぐという仕組みです。
耐荷重3.2kg!ということで、iPhone 6 Plusでも、まったく問題ありません。
試しに手首にストラップをかけて、iPhone 6 Plusをブラブラさせて歩いてみましたが、緩んでくるようなことはありませんでした。

ビデオを撮ってみました。こんなことしたら、イヤフォンジャックキャップなら簡単に抜け落ちてしまいます。


これがあれば、お気に入りのケースにストラップホールがなくても、ストラップが使えます。(イヤフォンが使えなくなりますが……)


このPLUGGY LOCKは、ゴムが生命線です。ホコリがついたり傷がついたりすると、保持力が低下することが考えられます。使わないときは、付属のキャップをつけておいたほうがいいでしょう。


これと同じ仕組みで、Lightningコネクタを作ってくれないかな。


他の店でも、販売を開始しました。

2014年11月14日

Genius Barの予約

『 最近、iPhoneの調子が悪いんだよな……。今度、Genius Barで診てもらおう』と、思ったところで、予約状況を見ると大概こんなんです。
本来なら、一週間先までの予約ができるようなのですが、iPhoneの場合は、いつも空き時間がありません。

これはMacの予約状況ですが、まだ余裕があります。



しかし、iPhoneでも一週間先の予約なら取れるかもしれません。
0:00時に見てみると、日付けが更新されていました。
(必ずしも、午前0時に更新されるわけでもないようです……)
ほとんどの時間がそろっています!

しかし、10分もすると……
はい、夜の時間帯がなくなりました!

翌朝……
一つでも、残っているだけマシです。
しかし、この画面で注意してもらいたいのは、14日(金)です。
文字がグレーアウトしていません!

見てみると……
キャンセルでも出たのでしょうか?今までなかった時間が復活しています。


トラブルというのは、突然起こります。
それでも、予約が取れれば何十分も待たなくて済みます。
稀なことだとは思いますが、こまめにチェックしていると、幸運にもいい時間の予約が取れるかもしれません。


**********

Genius Barの予約は、Apple Storeアプリが便利です。

Appleのサイトからだと、非常に分かりにくいです。