2015年6月6日

Anker ソーラーチャージャーを検証

Anker 14W ソーラーチャージャー 折りたたみ式 (PowerIQ搭載)
http://jp.ianker.com/products/71ANSCPS-B145A

なかなか気難しい奴です。
この製品に限らず、太陽光発電というのは、そういうものなのでしょうが。


◼︎特徴
・USBポートは2つ。"合計"最大出力5V/2AでiPadも充電可能。

・Ankerお馴染みのPowerIQ搭載。ポートに接続された機器を自動的に検知し、最適な電流を送ります。

・重量は790gと、手に持つとズッシリきます。

・充電中の機器をしまっておけるようにとポケットがあります。しかし、後述しますが、ここにiPhoneを入れて充電することは、お勧めできません。
収納時にケーブル等を入れておくには便利です。

・吊るせるような感じでリングが付いていますが、やはり、吊るしたり立てかけたりするより、広げて平置きしたほうが効率よく発電してくれます。


◼︎発電・充電
USB簡易電圧・電流チェッカーをつけて、その様子をキングジムのrecoloでタイムラプス撮影して観察してみました。(recoloについては『キングジム レコロ IR7 を購入』)

●まずは、iPhone 6Plusを充電。
5月のよく晴れた日の午前、バッテリー残量44%から充電開始。
電圧は、終始5ボルト前後で推移。
電流は、1.2〜1.3A。iPhone 5では1A以下で充電していたので、Power IQが働いていることがわかります。
1時間を経過したあたりから、1Aを切り出し、その後、徐々に下がっていき、0.27Aまで下がりました。
これは、80%に達すると電流を弱めて充電の速度を落とすというAppleのバッテリー仕様のためだと思われます。
結局、約1時間半で98%まで充電できていました。
これなら、コンセントからの充電と変わらない印象です。

●iPad
iPhone 6Plusに引き続きテスト。天気も変わらず晴天で日照は十分、バッテリー残量46%から充電開始。
3時間半ほど充電していましたが、68%で充電が止まってしまいました。
電流は、0.90A前後で推移していたのですが、途中で0.26Aまで下がって充電が止まったようです。
以前試した時にも、1.5〜1.6Aあたりで充電していましたが、次第に電流が下がっていき、途中で充電が止まってしまいました。
どうも、iPadへの充電は、うまくいきません。

●その他、気になったこと
・日照は十分なはずなのに、ちょくちょく、この表示が出ます。
ただ、しっかりと日光が当たっていれば、いつの間にか充電を開始しています。

・完全な曇りでは、0.07〜0.09A程度。
少し薄日がさせば、0.25Aくらいになり、iPhoneなら充電されます。

・10月の晴天で、まだまだ暑い日でした。iPhone 5を充電していて、はじめは0.98Aで充電できていたのですが、その後、電流がみるみる下がっていき、ついには0.16Aになり「このアクセサリは使用できません」と表示され、充電が止まってしまいました。
これが、ソーラーパネルが熱くなり発電効率が下がったためなのか、この製品の特性なのか分かりませんが、そんなことが何度もありました。


◼︎ジレンマ
太陽光発電ですから、直射日光に当てる必要があります。
しかし、直射日光に当てると、熱を持ちます。
気温が高いと、iPhoneなどの充電する機器も高熱にさらされることになります。
ということで、前述したポケットに入れて充電すると、余計に熱を持つことになりかねません。
一度、iPhone 4をポケットに入れて充電していたら、カメラが勝手に起動していて、なにやら警告マークが出ていました。


このソーラーパネルのお勧めの使い方は、モバイルバッテリーを充電しておくことです。
モバイルバッテリーでも、熱に気をつけなければならないのは同じですが、iPhoneを放置しておくよりは、気が楽です。
iPhoneへ充電するのに二度手間になりますが、二台同時に充電できますし、2A対応モバイルバッテリーならiPadにも充電できますし、活用次第では効率よく充電できると思います。



*災害時の非常用としてこの製品を購入した人は、一度、実際に使ってみて、その特性を確認しておいたほうがいいと思います。




2015年6月3日

iPhone 6Plusでホタルを撮影

iPhone 6Plusで、ホタルを撮影してきました。
これまで、iPhone 4、5でホタルの撮影をしてきましたが、代を重ねるごとに本体のカメラの性能と共にアプリも進化していることが実感できました。

*フラッシュの使用は、まわりで鑑賞・観察、撮影している人の迷惑になります。
ホタルの撮影時には、フラッシュがオフになっていることを確認してください。

*以下の写真はすべて、三脚、レリーズ(イヤホンのリモコン)を使用して撮影しています。


下の3枚の写真は、まったく同じ場所・条件で、アプリを変えて撮影してみました。
この日は、ホタルがとても少なく、所々でポツポツと光っているくらいでした。

・標準のカメラアプリ
はっきりとホタルの光を捉えています。
iPhone 5では、この距離から、ここまで明るく捉えることはできませんでした。

・SlowShutter
以前から使っている、光跡を撮影できるアプリ。(この写真では動いていませんが)

・NightCap
今回、新たに試してみたアプリ。


●NightCap (Ver.5.3.2)
120円(執筆時)



このアプリの説明文には、「真の長時間露光カメラ」とあります。
実際に、アプリがどのような処理を行っているのかは分かりませんが、撮影してみて驚きました。本当に、App Storeのスクリーンショットに載っているように撮れたのです。
(これはホタルの写真ではありません)

同じ場所を標準カメラアプリで撮影(ピントが合っていませんが……)

シャッタースピードは、デバイスによって違うようですが、6 Plusでは最長で1秒です。
SlowShutterのように長い光跡は撮影できませんが、条件が良ければ、はっきりとした光跡を撮影できます。


画面の追従が遅い(動かすとカクカクと動く)、ピントが合うのが遅いといった弱点はありますが、「長時間露光」を謳うアプリの中では、もっともそれらしい写真が撮れるアプリだと思います。

……と、後になって「NightCap Pro」というバージョンがあることに気がつきました。今回は試せませんでしたが、光跡の撮影ができるのでホタルの撮影にはこちらのほうがいいです。
*実際に試してみました。ただの「NightCap」よりも断然いいです。詳しくはこちらを。
iPhoneでホタルを撮影〜暗闇でも綺麗に撮影できるアプリ「NightCap Pro」〜

NightCap Pro
240円(執筆時)




●SlowShutter (Ver.3.2)
120円(執筆時)



光跡を撮影できるアプリで、iPhone 4の頃から、このアプリでホタルを撮影してきました。
ホタルを撮影していて、いちばん楽しいアプリです。



LOW LIGHT」というモードが、えげつなくなっていました。
上の写真と同じ場所で、もちろん同じ時間なのですが、ここまで明るくなりました。
もはや、昼間です。
線で囲ったところにホタルの光跡が写っているのですが、なんか、心霊写真みたいになりました……。


**********

iPhone 5までのホタルの写真と、今回の6 Plusでの写真との一番の違いは背景です。
iPhone本体のカメラとアプリの進化か、または街灯がLED化されていて明るくなったためか、以前は真っ暗闇だった背景が写るようになりました。
やはり、背景があったほうが写真にストーリ性が出ますね。

三脚は邪魔くさいかもしれませんが、あったほうがキレイに撮れるので楽しいですよ。
ない場合は、どうにかしてiPhoneを固定して、イヤホンのリモコンを使い、撮影中はiPhoneに触らないようにしてください。

あと、ピントには気をつけてください。
暗いとピントが合っているかどうか分かりづらいですが、ピントが合っていないとホタルの光跡もぼやけた感じになってしまいます。