2017年4月21日

Apple Watchの文字盤を『写真』にしてみる

iPhoneにしろApple Watchにしろ、使っているうちに普段つかう機能が絞られてきて、それ以外の機能は、ほとんど触れる機会がなくなっていることはありませんか。

私も、Apple Watchの文字盤は『ユーティリティ』『モジュラー』『ミッキー』の3種類に固まってきて、それ以外は使うことがなくなりました。

そんな中、先日Instagramをながめていたら、ふとApple Watchの文字盤の『写真』を思い出し、改めて設定してみました。


同期させるアルバムは、iPhoneのApple Watch管理アプリの『写真』の項目で設定します。

すでにあるアルバムを同期させてもいいのですが、今回は、Apple Watchに合うような写真を選んで、専用のアルバムを作成して同期させました。



『写真』の文字盤には、“フォトアルバム”と“写真”の2種類があります。

・“フォトアルバム”は、手首をあげるか、画面をタップするたびに、同期したアルバムの写真がランダムに表示されます。

・“写真”は、同期したアルバムの中から写真1枚を固定して表示します。
表示する写真は、Apple Watch本体の文字盤のカスタマイズで、デジタルクラウンを使用して選択できます。


“フォトアルバム”は、腕をあげるたびに違う写真が表示されて、これが思いのほか楽しいです。

これ、例えば“大所帯”アイドルグループのメンバーの写真を一人ひとり入れておけば、腕を上げるたびに違うメンバーが表示されて、きっと楽しいですよ。

また、単語帳みたいに使ってもいいかも。(確か、そんなようなアプリがあったような……)


この『写真』の文字盤の欠点は、コンプリケーションが少ないことと、時間を確認しようと腕を上げたのに「今回はこの写真か」と写真に目がいってしまい、肝心の時間を確認することを忘れがちになることです。

2017年4月1日

ブログを分割

ブログを分割し、iPhoneで望遠撮影(デジスコ)を独立させることにしました。

『i.S.O.(アイ・エス・オー)/ iPhone Telephotography 〜iPhoneで望遠撮影〜』


iPhone 7 Plusでデジスコをするための工程をこのブログで書こうとしていたのですが、Apple関連にはあまりにもどうでもいいようなことになってしまうので、これは申し訳ないと思い分割することにしました。

そんな「どうでもいいこと」なら、書かなければいいじゃないかというものですが、それでも、世の中に同じようなことをしようと考えている人がいたなら、私の実践した工程や失敗談は、少しは参考になるのではないかと思うのです。


これを機に、プロフィールアイコンも変えました。
これまで何度か変えようと考えたこともあったのですが、プレイスホルダー的に使っていたチー坊(の後ろ姿)があまりにもスキがないため、これを超えられずに変えることができなかったのです。

ちなみに、チチヤスのクラシックは本当に毎日食べています。一度これを食べたら、他のヨーグルトを食べる気がなくなりました。
http://chichiyasu.com/products/yogurt/natural_001.html
原材料が、乳、砂糖、乳製品/香料のみ。凝固剤なし!


新しいアイコンも、到底チー坊にはかないませんが、この機会を逃すと、また変えられなくなると思い変えることにしました。

このアイコンは、3Dプリントで作成したパーツに、ひっそりと(表には見えないように)つけているマークなのです。