2013年7月24日

Lightningコネクタ・ストラップを自作:その2

Lightningコネクタ・ストラップを自作(その1)

安物のLightningコネクタを使って、とりあえず作ってみたLightningコネクタス・トラップ。(上記エントリー)
あんな面倒くさいことをせずとも(制作工程エントリー)、もっと簡単にできるのでは?と、思ったのでつくってみました。

今回、ベースとして使用したのはGRIFFIN(メーカーサイト)のLightningケーブル(0.6m)。
なぜ、これを使おうと思ったのかというと、長さを間違えて買ってしまったため。
まあ、でも、コネクタ部のデザインがいいから良しとします。


◇ ◇ ◇

つくり方は、いたって簡単。
ケーブルを切って、コレをつけるだけ。
3mm丸ヒモ用カシメフックセット NI(東急ハンズ)

ハイ、完成。


こんなので、強度は大丈夫なのか?
実際に、どれくらいの力で抜けるか、100円ショップのバネ測りを使って測ってみました。
こんな測りなので、数値は正確ではありませんが、比較としての目安にはなります。
結果、取りつけたカシメフックが抜けるには、2〜3kgの力が必要でした。
それがどれくらいの力かというと、ちょっと強く引っ張れば抜けるくらいです。
それに対し、iPhone本体に接続したLightningコネクタが抜ける力は、約900gでした。

と、いうことで、カシメフックが抜ける前にLightningコネクタ側が抜けるので大丈夫!......か?

まあ、Lightningコネクタ・ストラップ自体が危ういのは変わりませんが……。(前回参照
しかし、前回つくったものを使っていて、歩いたり階段を昇り降りしたりと、通常の日常生活の範囲で抜けたことは一度もありません。

◇ ◇ ◇

ついでに、気になったので他のケーブルのLightningコネクタも、どれくらいの力で抜けるのか測ってみました。

・Apple純正品:900g
・ソフトバンクセレクション:1.1kg
・980円のLightningコネクタ(を使用して作った前作):900g強
・GRIFFIN:900g弱

この結果、イヤホンジャックキャップにストラップを通すことが一番です!

えっ!? \ ( ゚д゚)/

コネクタの抜き差しの感触としては、Apple、GRIFFIN、ソフトバンクセレクションのコネクタは、「カチッ」と小気味よくはまります。
安物のLightningコネクタは「ボコッ」とはまります。

**********

ちなみに、安物のケーブルと、しっかりしたケーブルの違い。

GRIFFINのケーブル、さらにワイヤーを剥く。






2013年7月18日

iPhoneでバードウォッチング

KOWA コーワ TSN-IP5 [iPhone5用フォトアダプター](KOWAの製品サイト)レビュー その4:バードウォッチング
その1:本体レビュー
その2:撮影
その3:アプリ『超望遠カメラ』


TSN-IP5を使って、バードウォッチングをしてきました。
・双眼鏡(KOWA BD42-8GR)使用。
・撮影には、すべて『超望遠カメラ - Kowa Company, Ltd.』アプリを使用。

・アオサギ

・マガモ

・チュウサギ

痛恨のミス!!
オイカワを捕らえて飲み込むまでの瞬間を撮影できたのに、ピントが合わせられなかった!!
くやしィーーー!!!

・メジロ、シジュウカラ
観察だけなら双眼鏡でもいいのですが、写真撮影には、やっぱりフィールドスコープが欲しいですね。

ちなみに、この場所をiPhoneの標準レンズで撮影すると、これくらいの画角になります。(四角で囲った部分が、双眼鏡使用時のだいたいの画角)


水場で撮影していると、「あっちで、アオバズクが出てるよ」と野鳥観察をしている人が教えてくれました。
行ってみるも、どこにいるのか分かりません。
近くで観察していたおばちゃんに聞くと、双眼鏡を合わせてくれました。

・アオバズク
しかし、せっかくのアオバズクなのに、ピントがイマイチ合っていない。
おまけに眼を閉じている。(ちゃんと、眼を開けている時もありました)

まだまだ修行が足りませぬ。



後日、同じ水場で撮影していたのですが、この日は、なかなか鳥たちが降りてきません。
降りてきても、ちょっと水浴びをして、いそいそと飛んでいきます。
どうも、何か警戒しているような……
と、思ったら、こいつでした。

・イタチ





・ツバメを撮影しました。

・ワシ

・ハヤブサの亜種

・えーと……新種?


KOWA コーワ TSN-IP5 [iPhone5用フォトアダプター]レビュー(おしまい)



超望遠カメラ / カテゴリ:写真/ビデオ / 価格:85円